FC2ブログ
プロフィール

岩国YMCA国際医療福祉専門学校

岩国YMCA国際医療福祉専門学校
山口県岩国市にある医療福祉系の専門学校です。当校では、保健師・看護師・医療秘書・介護福祉士などを育成しています。
〒740-0018
山口県岩国市麻里布町2-6-25
TEL:0827-29-1892
FAX:0827-29-2234
HP:http://iwakuni-ymca.jp
(PC・携帯共通)



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリ



ブログ内検索



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク



RSSフィード



携帯でブログを見る

QR



講演会を聞いて
6月22日にYMCA特別講演会がありました。

右手を失いながら、プロゴルファーとして活躍されている小山田雅人さんを講師にお迎えし、
「怒らない、落ち込まない、あきらめない~障害と2つの難病が教えてくれたもの~」がテーマにお話いただきました。
小山田先生は、右手首を幼少期に事故でなくしたという事がとても衝撃的でした。
IMG_2886_R.jpg


しかし、現在は健常者と同じプロゴルファーとして活躍されているのは、とてもすごい方だと思いました(* ´ ▽ ` *)。

先生のお話の中で印象的だったことは、高校時代、野球部の監督に選手ではなくマネージャーとして誘われた経験など、

見た目だけで障害者だからできないと認識する人も色々な人がいる環境で、過ごしてきた方でした(*`皿´*)ノ。

この講演会を聞いて、沢山の人たちに関わることがチャレンジすることにつながると話されてました(*´~`*)。

そのことから、看護師という仕事は多くの患者さんやその家族。それを支える他職種とのかかわりが多い職業ですヽ(≧∀≦)ノ。

そのため、色々な障害を持っている人とも出会うと思います。

その人たちを見た目だけでできないと判断するのではなく、

最大限残った機能を発揮できるように関わっていくことも大切だと感じた講演会でした(((o(*゚▽゚*)o)))。

  看護学科 2年 k
怒らない、落ち込まない、あきらめない
6/22特別講演会が開催されました。

講師は、小山田雅人さん。幼少期に事故で右手首を

切断され、また難病を患いながらプロゴルファーとして

活躍されている方です。

学生とキャッチボールをしたり、ゴルフのスイングなど

ブログ写真


実演をされながら、困難を乗り越えられて来た経験を話されました。

自分1人で乗り越えられない事も誰かと関わることで解決方法を

必ず見つけられると言われていました。

学生たちも壁に突き当たった時に、今日の講演を思い出し、

乗り越えていってほしいと思いました

  スタッフ:ひまり
山口県福祉・介護理解促進セミナー
2月25日(土)は、山口県福祉・介護理解促進セミナーを本校で開催しました

テーマは『認知症と演劇~認知症の人と”いまここ”を楽しもう!~』
講師に俳優で介護福祉士の、菅原 直樹先生にお越しいただきました

先生


菅原先生は大学で演劇を学ばれた後、劇作家で演出家の平田オリザさんの主宰する劇団に所属。
現在は介護福祉士として特別養護老人ホームで勤務されながら、「老いと演劇」OiBokkeShi(老い・ボケ・死)を主宰され、認知症の人との関わり方を考える「老いと演劇のワークショップ」を開催されています

今回のセミナーも介護福祉学科1年生5名、2年生11名、地域の方にも25名参加していただき大盛況!

受け付け

受け付けは2年生の学生が笑顔で行ってくれました

セミナーでは、ロールプレイで実際に身体を動かして認知症の人との関わり方を考えました
これは、認知症の人役の話を「いいですね!」と肯定して言葉を返しているところです

ロールプレイ

ロールプレイをすることで、認知症の人が感じている世界を少し体験することができました
地域の方にも、お帰りの際に「とても勉強になりました」「楽しかったです、ありがとうございました」とたくさん声を掛けて頂き、 みなさんと「いまここ」を楽しんで学ぶことができました(*^_^*)

次回のセミナーはほぼ参加申し込みが満員となっていますが、今後もセミナーを開催していく予定です
本校HPやチラシでもお知らせしますので、ご興味のあるテーマがあれば是非参加をお待ちしています!

介護福祉学科 教員
乙武さんがやってきます!
大ベストセラーとなった「五体不満足」や「オトタケ先生の3つの授業」などで有名な乙武洋匡さんが
岩国YMCA同窓会記念講演会で講師として来られます!
P乙武氏


同窓生のほか、一般の方も来場できます★
入場料は無料!!
ぜひ、この機会に講演会においでください♪

●講師  乙武洋匡氏
●演題  「みんなちがって、みんないい」
●日時  11月29日(日)15:00~16:30
●場所  シンフォニア岩国コンサートホール
●申し込み方法
 往復はがきに住所、氏名、電話番号を明記し、岩国YMCA事務局(〒740-0018岩国市麻里布町2-6-25)へ郵送。
 往復はがき1枚につき1名様の応募となります。先着順ですのでお早目にお申し込みください。
認知症についての体験談を聞く講演会がありました。
 様々なお話しを聞かせていただきました。

自分の身近な人が認知症になった時の心境を理解し支えてくれる人の大切さを学びました。

認知症の方は自分を認知症という意識はなく認知症にも様々な特色があり見分け、
一人一人の特色に合った接し方が大切だと思いました
 また、お話しの中でアルツハイマー病患者からの10のお願いを聞きました
1   受容してください
2   話しかけてください
3   親切にしてください
4   気持ちを思いやってください
5   人としての尊厳を認めてください
6   昔の私を思い出してください
7   今の私を分かってください
8   私の将来を思ってください
9   私のために祈ってください
10  私を愛してください

この10のお願いが日々の生活の中で受容できるよう日頃からしっかり周りに目を向け、
偏見することなく温かく見守る地域にしていけるよう、地域全体で支えたいと感じました


                                                看護学科1年 K S
講演会
先週の金曜日、
岩国市民会館にて認知症についての講演会をしていただきました

初めて行った市民会館は広くて涼しくて快適でした!

認知症やアルツハイマー病については、あまり深く考えた事が無かったので、
講演会に参加して「いかに大変か」という事を知りました。

もし自分の身近な人が認知症やアルツハイマー病になった時に
自分に出来る事を、考えておこうと思いました

金曜日は大事なことを学んだ充実した一日となりました!

医療秘書学科1年:T
尊い使命・・・
先日、YMCA講演会があり、
「命の重さ・尊さ」について講演を聞きました。

今まで、「自殺」というと、
暗い・人生の途中で逃げた人・辛いことを
乗り越えれなっかた人
というイメージを持っていました。

しかし講演の中で話された
「生きたくても生きれない」
という言葉を聞いて驚きました。

精神薬の副作用や家族の疲労度、周りの環境など重なって
「自死」をしてしまう場合もあると知りました。

最期を看取るとき医療従事者の言葉が
家族にとってすごく支えとなり
医療従事者者の対応によって良い最期を迎えられるか否か左右することが分かりました
医療スタッフの尊い使命を感じました。
医療に携わる者として患者さんや悩んでる人の支えになりたいと思いました
                                     
  看護学科 by I
講演会を聴いて
6月22日の金曜日、
「人間関係を円滑にするためのコミュニケーションの仕方」
についての講演を聴きました。

相手の話にしっかりと耳を傾けて聴く事や、
自分の思いや考え方を言葉にして伝えることの大切さを
改めて感じました。

コミュニケーション能力ってホント大事です。
コミュニケーション能力が高い人って
仕事が出来る有能な人が多いと
私は思います。
営業マンで成績がいい人とかは 
高いのかなって感じます。

看護師は特に必要な能力ですよね。
コミュニケーション能力
養わなくちゃなぁ・・・。

う~とりあえず、傾聴から始めます!
みんな~、いつでも話聴くよ!!

           看護学科 ゆちのすけ