FC2ブログ
プロフィール

岩国YMCA国際医療福祉専門学校

岩国YMCA国際医療福祉専門学校
山口県岩国市にある医療福祉系の専門学校です。当校では、保健師・看護師・医療秘書・介護福祉士などを育成しています。
〒740-0018
山口県岩国市麻里布町2-6-25
TEL:0827-29-1892
FAX:0827-29-2234
HP:http://iwakuni-ymca.jp
(PC・携帯共通)



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリ



ブログ内検索



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク



RSSフィード



携帯でブログを見る

QR



募金活動
7月20日の金曜日に、看護学科の学生と先生と合わせて9名を含む
合計45名の在校生・教職員で
西日本豪雨災害の募金活動を行いました。
IMG_2934_R.jpg


岩国のフジの前で行ったのですが、
子どもから高齢の方まで多くの方々が協力して下さいました。

西日本豪雨災害による被災者の方々のお役に少しでも立てたら嬉しいと思います。

ご協力いただいたみなさまに心よりお礼申し上げます。

 看護学科 K
西日本豪雨災害緊急支援街頭募金
7/20(金)西日本豪雨災害緊急支援街頭募金に

参加しました。

皆、大きな声で呼びかけをしました。

西日本豪雨1

115,807円もの募金を集めることができました。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

また、「お疲れ様」、「ありがとう」など温かい声を

かけて頂き、とても感激しました


  スタッフ : ひまり

できることから
このたびの西日本豪雨により、各地でまだ被害が続いています。

今日、岩国市でも「災害ボランティアセンター」が立ち上がりました。

岩国YMCAでも
できる人ができることから力になれることを・・・・と
ボランティア活動をスタートします。

全国各地のYMCAからも被災状況を心配してくれる連絡が入り、
あらためてYMCAネットワークの心強さも感じています。

復旧まで長期戦が予想されます。
またYMCAでの募金活動や支援体制が整えば、また随時お知らせいたします。
熊本地震 ボランティアワークキャンプ!
本日、8月23日から8月27日まで、熊本ボランティアワークキャンプがスタート!

岩国YMCAからは保健看護学科1年生4名が参加しました☆

姉妹校である米子YMCA、広島YMCA、福山YMCAの学生&留学生のほか、
広島女学院大学、広島修道大学の大学生・・・総勢17名が広島YMCAを9:30にバスで出発!

熊本地震の被災地を視察した後、がれきの撤去などのボランティアを行います。

去年に続き、今年も行うプログラムですが、毎年、現地のニーズに合わせて内容も変えています。

現地の実際を見て、現地の方と汗を流して活動する中で、大きな学びが得られるはず。

またみんなの報告待ってます! 

詳細はまたリポートいたします★
YYカフェ!第二弾
7月14日は、今年から始まった「YYカフェ」の第二弾でした。
「YYカフェ」は、認知症の方を中心にその家族の方、介護をされている方地域住民のどなたでも参加していただける会です。

今回、「健康も楽しい食事もいい歯から」というテーマをもとに、皆さまの前で発表させていただきました。
IMG_9910.jpg

緊張しながらの発表でしたが、皆さまとても温かく、見守ってくださいました。
(ありがとうございます
IMG_9921.jpg


このように日頃の授業の成果を聞いていただき、嬉しい限りです。
これからも頑張っていきます

看護学科1年  A.E.
クリーン作戦★
私たち医療秘書学科1年生は、ボランティア活動として、
YMCAの校舎周り・商店街内のゴミ拾いと草引きをしました。

落ち葉、タバコの吸殻や空き缶など拾いました。
草もひたすら抜きました

P1040829.jpg

ゴミ袋がいっぱいになり、街はとっても綺麗になりました。(^-^)/

IMG_9626.jpg

これからも、継続して活動して行きたいです。

医療秘書学科1年 K&F
夢をカタチに・・・
1月17日(火)、岩国YMCAにアジア各国から3名のゲストが来校されました!
IMG_8610.jpg

岩国YMCAのサポート団体である「岩国みなみワイズメンズクラブ」が招待した方たちで、インドネシア、ネパール、ミャンマー出身の20代の女性たちです。

彼女たちは1年間、日本で保健衛生・保育・農業などを学び、帰国後は母国で研修の成果をカタチにするという夢があります。

そんな夢をカタチにするそれぞれのストーリーを聴く機会でした。
IMG_8596.jpg


日本では当たり前のこと・・・例えば「学校に保健室がある」「図書館がある」「デイサービスがある」ということが、彼女たちには驚きであったり、理想形であることも聞けました。

これまで多くの研修生たちが帰国後に「図書館をつくった」「助産師になった」など、すぐに行動に移していて、その実行力にも驚かされました。

「誰かのために役立つことを形に・・・』

それは岩国YMCAの学生たちも同じなのでは? 

今後もこのような機会を多くもてればと思います♪

  
 スタッフ くらり
盛り上げ隊!
8月21日(日)は、大竹市にある養護老人ホーム「ゆうあいの里」の納涼祭です。

今年も、介護福祉学科から学生6名・教員がボランティアとして訪問します。

盆踊り(大竹音頭・炭鉱節)を一緒に踊ったり、輪投げゲーム・スイカ割等のお手伝いをしています。

猛暑が続きますが、しっかりとお手伝い・盛り上げ役ができるように頑張ります!!



                             介護福祉学科 教員★